フィシオフラッシュ冷却ユニット修理

イタリアDEKA社の業務用脱毛機フィシオフラッシュを修理にお預かりしました。

冷却が弱くなったとのことで、先ずは冷却ユニットを確認していきます。

最近の連射式脱毛機には肌に当たるクリスタル部分をペルチェ素子を2つ使用して冷やしていますが、このフィシオフラッシュは内部を循環する冷却水をペルチェ素子12個も使って冷やしています。

その為、冷却ユニットは大きくペルチェ素子が劣化すると交換する部品も多くなりますが、今回はこの12個のペルチェ素子は問題なく作動していて冷却ファンのみが劣化で十分に機能していない状態でしたので、冷却ユニットのファン4個と底面にある冷却ファンを交換して作業完了です。

フィシオフラッシュのペルチェ素子を12個も使った冷却ユニットをもっと有効に使うことが出来ないかと検討中です。

フィシオフラッシュの修理・ランプ交換はリンケージへ

脱毛機VANGUARDシステムの修理

ほとんど見かけることがありませんが、VANGUARDシステムと表示される業務用脱毛機を修理にお預かりしました。

電源が入らなくなってしまっていましたが無事に修理完了です。

残念ながら販売会社もメーカーも分かりません。

ただ、ランプ交換は可能なことが分かりました。重篤な故障にならなければ、ランプ交換をしながらまだお使い頂けそうです。

最近はメーカーが分からない業務用脱毛機は少なくなりましたが、数年前に販売されていた業務用脱毛機には今回のようにメーカーのラベルもシリアルナンバーも表示されていないものもありますが、重篤な故障でなければ修理やランプ交換が可能な機種もありますのでお問い合わせください。

業務用脱毛機の修理・ランプ交換はリンケージへ

DEKA フィシオフラッシュ メンテナンス

DEKA社のフィシオフラッシュ本体を修理にお預かりしたのですが、今回はメンテナンスのみの作業をさせて頂きました。

その理由は、脱毛機本体の故障ではなかった。本体は故障していないのです。

業務用脱毛機本体の修理をご依頼頂く前に必ず確認させて頂いているのですが、脱毛機本体に異常が出た場合はまずハンドピースを交換して同じ症状になるかを確認してください。

※交換できるハンドピースをお持ちで無い場合は、代替ハンドピースをお送り致しますのでご依頼ください。

ハンドピースを交換しても同じ症状であれば本体故障の可能性大であり、脱毛機本体をお送り頂き修理となりますが、ハンドピースを交換して症状が改善するのであればハンドピースの故障となり、ハンドピースだけの修理となります。

機種によっては、フットペダルや電源コードなどの可能性がありますので故障の症状により確認させていただきます。

今回はというと、長年使用されていて交換できるハンドピースをお持ちで故障の際は上記内容を必ず確認して頂いていましたが。慣れ・思い込みが重なり本体をお預かりとなってしまいました。

しかし結果オーライ、数年間メンテナンスなしでしたので写真のようにホコリも溜まりちょうどいいタイミングで脱毛機本体のメンテナンスをすることが出来ました。

これでまたしばらく調子よくお使い頂けると思います。

業務用脱毛機の修理・メンテナンスはリンケージへ

クリアーSP ランプ交換

今回も国産業務用脱毛機 CLEAR/SPをランプ交換にお預かりしています。

ランプ交換にお預かりすることでハンドピースの劣化した部品交換やほこりなど綺麗にさせて頂いておりますが、脱毛機本体はなかなか定期点検の定着が出来ずお預かりすることが少ないです。

使用上なにも問題がなくても1~2年に1回、脱毛機本体の点検をお勧めしています。ランプ交換をご依頼頂くサロン様にはサービスにて点検を行いますので是非ご利用頂きたいと思います。

ランプ交換のタイミングで、一緒に脱毛機本体の点検もご検討頂ければいいきっかけになります。クリアーSPは代替機のご用意もございますのでお問合せください。

ランプ交換だけではなく、お使いの業務用脱毛機本体の定期点検も是非ご検討ください。

業務用脱毛機の定期点検はリンケージへ

SHR脱毛機 ランプ交換調査依頼

最近は機種名だけでは判断できないSHR脱毛機が沢山あり、1台づづお預かりしないとランプ交換の対応が可能かどうかが確認出来なくなりました。

今回もこれまでにお預かりしたことないSHR脱毛機のハンドピースをお送り頂き調査しています。機種名は「ラフェース」だそうです。

ハンドピースは分解できないように接着されていて破損覚悟での調査になりましたが、サロン様よりご理解頂き内部確認の作業です。

今回はとりあえず試作品としてご用意し、問題がないかしばらくの間お使い頂くことでランプ交換可能か否かの判断をさせて頂くことにしました。

使用後に内部を確認して問題が無いようでしたら今後はランプ交換可能となります。

このように、初めてお預かりする業務用脱毛機はすぐに対応できない機種もあり、お時間頂くことになりますのでご理解頂きご依頼をお伺いしたいと思いますのでよろしくお願いします。

SHR脱毛機のランプ交換ご相談はリンケージへ

IPL脱毛機エステライト ランプ交換

1999年製、業務用IPL脱毛機のエステライトのランプ交換です。

当社リンケージのランプ交換事業はこのエステライトから始まりました。おかげさまで今年で19年目になります。当時の業務用脱毛機は600万円~1000万円の販売価格で消耗品であるハンドピースはランプ交換ではなく終わったらハンドピースを買い替えるのが一般的でハンドピースも30万円前後という高価格帯です。

始まったばかりの光脱毛は好評で消耗品のハンドピースを1ヶ月に1~2本購入するサロン様からご相談を受けたのがきっかけでした。

いくら好調の光脱毛とはいえ、月に30~60万円の消耗品購入は気になるところです。

特に、このエステライトはイスラエルの医療機器メーカーが開発した業務用脱毛機で、常に安定した出力が得られるように写真のキャリブレーション機能が用意されていました。

キャリブレーションの受光部には、リンケージでも現在パワーメーターとして使用している測定器メーカーのオフィール製のセンサーが組み込まれて正確に測定できます。

そして、ハンドピースに組み込まれているキセノンランプは常に一定の出力で使用できるように劣化が始まる前の30000発で交換するようになっています。さすが医療機器メーカー開発のエステライトでしたが消耗品のコストダウンは必須でした。

それから19年、当時のようにエステライトを月に30000発使用されるサロン様はありませんが、それでも修理を重ねながらも今も使用できる業務用脱毛機ですので大切にしていきたいと改めて思います。

業務用脱毛機エステライトのランプ交換はリンケージへ

業務用脱毛機 ファルコン 修理

今回は、電源が全く入らなくなってしまった業務用脱毛機のFALCONを修理にお預かりしました。

電源が入らなくなった機器の初めに疑う場所は、ヒューズやブレーカーですがヒューズ切れもなく問題がありません。次は電源コード。これもまた問題がありません。 ここまでは修理にお預かりすることなくサロン様で確認できる内容ですので、もし電源が入らなくなったらご確認ください。

今回のファルコンは内部配線の経年劣化による接触不良が見つかり修理が完了いたしました。

修理自体は簡単な作業でしたが、業務用脱毛機の内部の接触不良を見つけるのにかなりの時間がかかってしまいました。それでも信頼して修理をご依頼して頂くサロン様のお役に立てるように、これからも経験を積んでいきたいと思います。

SHR脱毛機の修理ご依頼はリンケージへ

脱毛機の箱

脱毛機を送りました。

よくご無事で到着しました。。。

脱毛機を発送するときに使えるちょうどいい箱を常にお持ちの方はほとんどいらっしゃらないと思います。入りそうな箱がなく悩んでしまいますよね。修理のご連絡頂いた時にこちらからご説明するべきでした。

今回、脱毛機には何の破損もなく到着しましたがせっかく修理やメンテナンスにお送り頂いて到着時に壊れてしまっていたのでは元も子もありません。

こんな時に日本全国どこでも手に入れることが出来る箱がありましたのでご紹介いたします。

それは、ヤマト運輸さんの営業所で購入できるパソコンボックスです。いつくか大きさに種類がありますので大き目の箱を選んでください。

写真はパソコンボックスEです。これが一番大きなサイズになります。

エステラックスやルネッサンスのシリーズはこの箱を使って発送が可能ですのでお使いになってみてください。1回だけでなく何回かの配送に耐える丈夫な箱になっています。

これより大きなものは、運送会社を手配させて頂きますのでご依頼ください。

今回のご返送にはこの箱を使ってお送りいたします。

脱毛機のご相談はリンケージへ