フィシオフラッシュ本体修理

DEKA社のフィシオフラッシュを修理にお預かりしました。

履歴を調べましたら前回修理にお預かりしてから9年が経過していました。最近はほとんど使われていなかったようで久しぶりに使用されて不具合が出てしまったようです。

まずは修理の前にいつものように、溜まったホコリ取りからです。

今回の不具合内容は数分使用すると光が出なくなってしまう現象です。フットペダルを踏んでピッと音はするけど光が出ないという故障です。

同じフィシオフラッシュで何度か修理を経験していますので問題なく修理完了致しましたが、故障しなくても業務用脱毛機を使用すると冷却のために冷却ファンが回り写真のようにホコリが溜まってしまい故障の原因にもなりますので、定期的にメンテナンスをお勧めします。

フィシオフラッシュの修理・メンテナンスはリンケージへ

フィシオフラッシュ ランプ交換

DEKA社のフィシオフラッシュをランプ交換にお預かりしました。

各種の美容機器を修理させて頂いており特殊なので記事にさせて頂いておりますが、リンケージの専門は業務用脱毛機のランプ交換です。

ランプ交換は通常業務の為、こちらには記事にする回数は少ないですが日々いろいろな機種をランプ交換にお預かりしております。

今回はイタリアDEKA社のフィシオフラッシュのランプ交換です。発売から20年経過していますのでランプ交換以外にも様々な部品をその都度状況に応じて交換させて頂いております。

写真の灰色のケース部分も毎回交換して綺麗な状態でお使い頂けます。

フィシオフラッシュのランプ交換ならリンケージへ

フィシオフラッシュ 冷却ユニット修理

今回はDEKA社フィシオフラッシュを点検にお預かりしました。

動作確認させて頂きましたら、冷却ユニットが劣化して十分な冷却が出来なくなっていました。

このフィシオフラッシュ業務用脱毛機は最近の連射式脱毛機とは違い、冷却水そのものをペルチェ素子を12個も使い冷やしています。最近の連射式脱毛機はペルチェ素子を2個使って照射面のクリスタルのみを冷やしていますのでペルチェ素子の役目が少し違います。

ペルチェ素子は熱ストレスで劣化して機能しなくなります。ON/OFFの繰り返し回数で劣化するとも言われていてフィシオフラッシュの電源をつけっぱなしで放置すると自動的に水温10度を保つためにON/OFFを繰り返します。

このため、施術回数は少なくても電源を入れたままにしていては勝手にペルチェ素子は劣化して交換が必要になってしまいます。また、暑いこの時期につけっぱなしで水温10℃ですと結露してしまい各部に水滴がついて劣化な故障の原因にもなりかねません。

フィシオフラッシュは施術が終わったら必ず電源を切る。これ大切です。

DEKA社フィシオフラッシュのランプ交換・修理はリンケージへ

フィシオフラッシュ ハンドピース再生

DEKA社のフィシオフラッシュをランプ交換にお預かりしました。

リミッターのないフィシオフラッシュですので使用期間も長くなり、写真のようにキセノンランプの劣化より先に保護ホース部分が切れて中のコードが見えてきてしまうことがあります。

保護ホースのみの交換作業ももちろん可能ですが、ランプ交換作業と同じまで分解となりますので作業工賃は割高です。ランプ交換の時期が来るまでテープなどで補修してお使い頂ければ問題はありませんが、やはり見た目も良くないので気になるところです。

今回は、ランプ交換作業と一緒にこの保護ホースも交換させて頂き発送させて頂きました。

これでまたしばらくフィシオフラッシュは活躍してくれますね。

フィシオフラッシュのランプ交換はリンケージへ

MSFTミニシルク ランプ交換

新規のサロン様よりDEKA社のMSFTミニシルクのランプ交換をご依頼いただきました。

ありがとうございます!

インターネットの検索で弊社リンケージを見つけて頂きランプ交換のご依頼を頂きました。業界紙「ベレーザ」にも隔月で広告掲載をさせて頂いておりますが、最近はインターネット検索から探して頂きお問合せを頂くことがほとんどになっています。

日本全国のサロン様からご依頼を頂きますので、ほとんの場合は直接お会いすることが出来ません。お電話頂ける場合はご不明な点や疑問に思われていることをお聞きしてご説明させていただきますのでお気軽にご連絡ください。もちろんメールでお問合せを頂いても大丈夫です。

ホームページなどだけではお伝え出来ていない部分は、改善に努めておりますがご要望ございましたら是非ご連絡頂ければ幸いです。

業務用脱毛機のランプ交換はリンケージへ

ミニシルクのハンドピース落下修理

DEKA社ミニシルクのハンドピースを水漏れで修理にお預りしました。

落下の衝撃で写真のように内部のガラスフィルターが割れてしまっていました。このガラスフィルターの前にはサファイアガラスのフィルターもありますが、このサファイアガラスは強く硬いので、落とされたときにサファイアガラスに押されて内部のガラスフィルターが割れてしまったようです。

照射面のサファイアガラスは飛び出していて、ハンドピースホルダーに置くときなどにぶつけてしまうことがり、サファイアガラスの角をぶつければサファイアガラスが欠けてしまい、面で押してしまえばサファイアガラスは無傷でも今回のように内部のガラスフィルターが割れてしまいます。

サファイアガラスは高価ですが、熱伝導率が42W/mK(25℃)と大きいため照射面の冷却には適していてほとんどの業務用脱毛機に使用されていますが、飛び出している部分ですので取り扱いには注意が必要です。

DEKA社業務用脱毛機の修理もリンケージへ

DEKA社フィシオフラッシュ 中古ハンドピース

フィシオフラッシュの中古ハンドピースをご注文頂きました。

脱毛用ハンドピースの通常面積のタイプです。キセノンランプなどを新品に交換させて頂いた中古のハンドピースになりますのでしばらくの間お使い頂けます。

古い業務用脱毛機になりますので、流通量があればこのように中古のハンドピースもご用意できる機種もございます。

中古の場合は、それぞれ状態が異なりますのでキセノンランプを含め劣化部分を交換してご用意致しますのでお気軽にお問合せください。

今回のDEKA社のフィシオフラッシュにつきましては、キセノンランプ・先端ホルダー・ガラスフィルター・外装ケース・各パッキン類を交換させて頂いています。

中古ハンドピースの面積拡大して納品も可能です。ご検討ください。

フィシオフラッシュのハンドピースはリンケージへ

DEKAフィシオフラッシュ、ハンドピース修理とランプ交換

DEKA社のフィシオフラッシュです。ハンドピースの修理とランプ交換を承りました。

ランプ交換品は、ホースの劣化もあり一緒にホース交換も作業させて頂き、修理品は照射部分の焦げで樹脂製の先端ホルダーのみを交換させて頂きました。

キセノンランプは消耗品ですが、今回交換させて頂いた他の部品(ホースや先端ホルダー)もやはり消耗品です。

通常の使用で誰が使用しても共通に劣化するキセノンランプと違い、ホースや先端ホルダーの消耗具合は施術者の使い方によって異なってきます。

先端ホルダーの焦げは、施術後や施術中の照射部分を綺麗に保つことで焦げることを防ぐとこが出来ます。ホースの劣化はいつも切れてしまう場所を庇うようにホースに手を添えることで長持ちさせることが出来ると思います。

過度に気にすると施術に時間が掛かってしまいますので、意識するように心掛けてお使い頂けるとキセノンランプ以外の消耗を抑えることが出来そうです。

フィシオフラッシュの修理ご相談はリンケージへ

DEKA社フィシオフラッシュ修理

イタリアのDEKA社、フィシオフラッシュを修理にお預かりしました。

フットペダルを踏んでもピッと音だけで照射できない状態です。これはフィシオフラッシュのパワーサプライ(電源ユニット)の故障になります。

同じようにフットペダルを踏んで照射出来ない場合でも、ピッと音が鳴らない時はフットペダルの故障になりますので脱毛機本体をお預かりする必要はありません。フットペダルだけの修理で大丈夫です。

脱毛機の重要で複雑なパワーサプライですので修理できない場合もございますが、このフィシオフラッシュにつきましては、これまでたくさんの修理をお預かりしてほとんどの修理が可能です。

まだまだフィシオフラッシュでしたら、買い替えの前に修理もご検討ください。

フィシオフラッシュの修理・ランプ交換はリンケージへ

ミニシルク ランプ交換

イタリアDEKA社の業務用脱毛機ミニシルクのハンドピースをランプ交換にお預りしました。

事前に代替ハンドピースをお送りさせて頂き、ランプ交換依頼品のハンドピースをお預りしています。

ランプ交換取扱全機種の代替ハンドピースをご用意出来ればいいのですが、現在ご用意させて頂いています代替ハンドピースは、このDEKA社ミニシルク(MSFT)、フィシオフラッシュ、PSクリプトン、エステライト、エステラックス、クリアーSP、エピアス、クリスタル512、コスモライト、HEXEPI、ハイパースキンカレン、ルミクスなどとなっております。

ランプ交換ご依頼のサロン様には代替ハンドピースを往復送料のみでお貸出させて頂いており、ご使用料は頂いておりませんので是非ご活用頂ければと思います。

※まれに代替ハンドピースをなかなかご返却頂けないこともありご配慮いただけると幸いです。

代替ハンドピースは数に限りがございます、お早目にご連絡をお願い致します。

ミニシルクのランプ交換はリンケージへ