個人輸入のADSS業務用脱毛機の修理

展示会などでよく見かけていました北京ADSS社の業務用脱毛機を輸入代行業者さんより購入されたとのことで修理にお預りしました。

修理内容は画面の操作が一部で効かなくなってしまったとの事でコントロール基盤の不具合でしたが、普通であればコントロール基盤はメーカーでなくては修理が出来ない内容です。

しかし、ADSS社のご担当者と連絡を取ることが出来て、基盤の改修と再起動をする事で今回は修理することが出来ました。

ADSS社のように海外のメーカーでも担当者に連絡が出来て返事もレスポンスよく聞くことが出来れば、離れた場所でも少し安心して脱毛機を取扱うことが出来ます。

今回は数日のお預りでしたが、部品を取り寄せなくてはならない場合は時間が掛かることは避けることが出来ませんし、いろいろなリスクを考えると業務用脱毛機の個人輸入(輸入代行含む)はお勧め出来るものではないと改めて思います。

業務用脱毛機の修理のご相談はリンケージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です