MSFTミニシルク本体修理

昨年12月にランプ交換させて頂いた際に、本体との接続部の焦げを発見しご報告させて頂きましたが、早々に本体側の修理にお預かり致しました。

昨年12月のハンドピースのランプ交換時の様子

MSFTクリプトン、ミニシルクは脱毛機本体の代替機もご用意しておりますので、今回は代替機をお使い頂いている間に修理させて頂きました。

こちらの機種はハンドピース接続部が奥まっていて、普段は状態を確認することが難しいのでハンドピース側で見つけることが出来て、そして早めに修理を行うことで難しい修理までにならず、またしばらく安心してお使い頂けると思います。

見えない部分の経年劣化は故障してから発見することが多く、まだまだ使用可能な脱毛機は定期的なメンテナンスも重要です。

業務用脱毛機の修理・メンテナンスはリンケージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です